キャッシングは上手く使えば怖いものではありません

キャッシングは上手く使えば怖いものではありません

キャッシングは上手く使えば怖いものではありません

キャッシングというと、手を出すと怖い、危ないというイメージがありますが最近はいろいろなサービスもあり、

 

上手く利用すれば危ないどころかとても心強い生活のパートナーになってくれます。

 

 

 

最近は無利息キャッシングというとても嬉しいサービスもありますよね。

 

一定期間、1週間や10日などの短期間で返済した場合無利息でお金を借りられるというサービス。

 

キャッシングは計画的に http://www.auntieamy.com/

 

給料日前、急な出費で困った時、給料日になればお金が入るのだけどそれまで待つことができないなんて

 

いう時にとても便利なサービスです。

 

お子さんやペットなど大切なものが苦しんでいる時、給料日まで待ってなんて言えませんよね。

 

そんな時にはこの制度を利用する価値が多いにあると思います。

 

 

 

ただ、事前にある程度の知識を持って利用するのもキャッシングの鉄則です。

 

利用の仕方によってはとても便利である一方、使い方を間違えるとあなたを苦しめるものにも

 

なりかねません。

 

 

 

キャッシングはまめに利用していても期間内に返済していれば何も問題ありませんが、返済が滞ると

 

金利も高くなりその情報は信用情報機関に残りますので注意が必要です。

 

 

 

どの金融機関がどのようなサービスをしているのか、どこが自分にあっているのかをきちんと把握した上で

 

計画的に利用し、生活に上手く活かせるといいですね。

キャッシングにおける返済方式

 

消費者金融からのキャッシングの返済方式は一般的に、「残高スライドリボルビング方式」になっています。

 

 

 

単なる「リボルビング方式」の場合、借り入れが増えていくと、決められた金額を支払っているだけでは

 

元金がなかなか減っていきません。

 

 

その理由は、月々の支払額の内、利息分が先に充当されるようになっているからです。要するに、

 

支払額から利息を引いて残った金額が元金の返済になります。

 

従って、借入額が多くなると当然利息も高くなるため、いつまでたっても元金が減らず、借金が

 

残り続けるという現象が起こります。

 

 

 

そこで、最近の消費者金融は「残高スライドリボルビング方式」を採用しています。

 

 

この方式は、毎月の返済金額が残高に合わせてスライドしていくようになっており、借入残高が

 

増えると返済額も増えるようになっています。

 

 

 

ただし、この方式でも支払額が上下するだけで、元金に充てられる割合が増えるわけではありません。

 

つまり、元金がなかなか減らないということに変わりはないということです。

 

 

 

キャッシングの返済においては、借入残高が少なくなった時が元金を大幅に減らすチャンスです。

 

決められた返済金額を支払うだけではなく、「繰り上げ返済」をすることが効果を発揮します。

 

 

余裕のある時に少しでも多く返済することが、賢明なキャッシングの利用の仕方と言えます。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ